ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nick Cave ──コロナ時代における態度、ニック・ケイヴの場合 (news)
  2. interview with Thundercat 悲しみの先のフュージョン (interviews)
  3. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが現在の状況を警告 (news)
  4. David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 (news)
  5. Random Access N.Y. vol.125 NYシャットダウン#3 (columns)
  6. PANICSMILE - REAL LIFE (review)
  7. AJATE - ALO (review)
  8. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  9. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  10. Columns King Krule キング・クルール最新作が宿す乾きの秘密 (columns)
  11. Moment Joon - Passport & Garcon (review)
  12. Random Access N.Y. VOl.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  13. NYをはじめ、各地でオンライン・フェスやライヴ・ストリーミングが開催 (news)
  14. 吉田アミ - 虎鶫(とらつぐみ) (review)
  15. COM.A ──パンク精神あふれるIDMの異端児が13年ぶりの新作をリリース (news)
  16. The Drums - Summertime! (review)
  17. Thundercat ──延期になっていたサンダーキャット来日ツアーの振替日程が決定 (news)
  18. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  19. Random Access N.Y. vol.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  20. VIVA Strange Boutique ──東京の奥沢で売られているクリス&コージーのTシャツが格好いいです (news)

Home >  News > Dirty Projectors - ──ダーティ・プロジェクターズが新曲をリリース

Dirty Projectors

Dirty Projectors

──ダーティ・プロジェクターズが新曲をリリース

Feb 28,2020 UP

 一昨年『Lamp Lit Prose』で高らかに生を謳歌したNYインディ・シーンの希望の星、ダーティ・プロジェクターズが1年半ぶりとなる新曲 “Overlord” をリリースしている。耳に残る主旋律とDPらしいコーラスが印象的な1曲だけど、はてさて、これは次なるアルバムへの布石なのかしらん? なお、ヴィデオはデイヴ・ロングストレスみずからが監督を務めているとのこと。

[3月26日追記]
 新情報! 先日公開された新曲は、EPへの布石だったようです。明日3月27日、ダーティ・プロジェクターズの最新EP「Windows Open」がリリースされます。新たに “Search For Life” も公開。楽しみだー。

Dirty Projectors
デイヴ・ロングストレス率いるダーティー・プロジェクターズが
最新EP「Windows Open」を3月27日にリリース!
新曲 “Search For Life” のリリックビデオを公開!

デイヴ・ロングストレス率いるブルックリン出身のバンド、ダーティー・プロジェクターズ。先月1年半ぶりの新曲 “Overlord” を、デイヴ自身が監督として手掛けたミュージック・ビデオと共にリリースし、シーンに戻ってきた彼らが、3月27日に最新EP「Windows Open」をリリースすることを発表! 新章のスタートとなる本作には、『Lamp Lit Prose』ツアーで参加したメンバーが参加し、レイドバックで詩的な魅力に溢れる4曲を収録。その中から新たに “Search For Life” が解禁され、リリック・ビデオが公開された。オリヴァー・ヒルによるストリングスのアレンジが見事なバラードとなっており、今世界を巻き込んでいる危機的な状況の中、本楽曲はより深い響きを放っている。

Search For Life (Official Lyric Video)
https://youtu.be/Oi-iUpec_6M

「Windows Open」ではマイア・フリードマンが全曲でリード・ヴォーカルを務め、作曲、プロデュース、ミックスのすべてをデイヴ・ロングストレスが担当。歌詞はデイヴとマイアが共同で担当し、レコーディングはロサンゼルスで行われた。

label: DOMINO
artist: Dirty Projectors
title: Windows Open
release date: 2020/03/27 FRI ON SALE

TRACKLITSING
01. On The Breeze
02. Overlord
03. Search For Life
04. Guarding The Baby

Dirty Projectors
ブルックリン出身、独創的かつハート・ウォーミングなサウンドで
人気を集めるバンド、ダーティー・プロジェクターズが1年半ぶりとなる
新曲 “Overlord” をMVと共にリリース!

デイヴ・ロングストレス率いるブルックリン出身のバンド、ダーティー・プロジェクターズ。〈Domino〉移籍後、初めて発表した2009年の5作目『Bitte Orca』が、その年の年間チャートを総なめにし、本格的にブレイク。その後もビョークとのチャリティー・コラボ作品のリリース、朝霧ジャムのヘッドライナーとしての出演、そして前作『Lamp Lit Prose』を提げてフジロック・フェスティバルへの出演も果たすなど着実にステップアップを遂げてきた彼らが、前作より1年半ぶりの新曲 “Overlord” をリリース! 同時にデイヴ自身が監督として手掛けたミュージックビデオを公開!

Dirty Projectors - Overlord (Official Music Video)
https://youtu.be/LzHGYtIqLig

監視資本主義への皮肉? 混乱ばかりを生む世界のリーダーたちへの批判? テクノロジーへの盲目的な過信への警告? アンチ・ファシズムのマニフェスト? そんなことは誰も知る由もないが、“Overlord” はジョニ・ミッチェル “Both Sides Now” の現代版と言っても過言ではない。アコースティックギター、コントラバス、コンガ、ドラム、3部合唱によって紡ぎ出されるリラックスした暖かいサウンドは紛れもなく、アルバム『Swing Lo Magellan』以降のダーティー・プロジェクターズのサウンドとなっている。楽曲中、ギタリストのマイア・フリードマンがリードボーカルを担当し、プロデューサーであるデイヴと共に作詞を行った。他にもフェリシア・ダグラスとクリスティン・スリップがコーラス、ナット・ボールドウィンがコントラバス、マウロ・レフォスコがコンゴとして参加している。

label: BEAT RECORDS / DOMINO
artist: Dirty Projectors
title: Overlord
release date: NOW ON SALE

TWEET

sendaivol1Dirty Projectors ──ダーティ・プロジェクターズが新曲をリリース | ele-king https://t.co/BjxC56tSJo@sendaivol1 03.26 23:07

NEWS