ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 編集部より ──いまアメリカで起きている抗議デモについて (news)
  2. Okada Takuro + duenn - 都市計画(Urban Planing) (review)
  3. Primitive World - The Revolt Of Aphrodite (review)
  4. interview with Sonic Boom サイケデリック・ロックの重鎮が30年ぶりのソロについて語る (interviews)
  5. スチャダラパー - シン・スチャダラ大作戦 (review)
  6. interview with Darkstar 失われたレイヴに代わるもの (interviews)
  7. The Soft Pink Truth ──マトモスの片割れ、ドリュー・ダニエルによるザ・ソフト・ピンク・トゥルースがクラストコアのカヴァー集をリリース (news)
  8. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  9. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  10. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  11. Wire - Mind Hive (review)
  12. Ralph ──東京の気鋭のラッパーが新曲を発表、プロデュースは Double Clapperz (news)
  13. Various Artists - Gilles Peterson Presents MV4 (Live from Maida Vale) (review)
  14. Walls - Coracle (review)
  15. Play For SCOOL ──三鷹のスペース SCOOL を救済するためのコンピがリリース (news)
  16. Sleaford Mods ──ベスト盤がUKトップ・チャート入りのスリーフォード・モッズの新MVが面白い (news)
  17. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  18. interview with Okada Takuro 眠れぬ夜のために (interviews)
  19. R.I.P. Little Richard (news)
  20. チクチクビー、チクチクビー 第2回 戦争から帰ってこなかった中原昌也 (columns)

Home >  News > Takuro Okada - ──岡田にはじまり岡田に終わる、アンビエントからポップスまで精力的にリリース

Takuro Okada

Takuro Okada

──岡田にはじまり岡田に終わる、アンビエントからポップスまで精力的にリリース

May 21,2020 UP

 いま岡田拓郎がすごい! え、以前からすごかったって? そうなんですけど……、まず驚いたのは最近彼がBandcampで発表しているアンビエント作品。今年の1月から4月まで、4か月連続で、『Passing』~『みずうみ』~『Between』、そして『Like A Water, Like A Song』と。この4作品すべてがわずか数秒で聴き入ってしまうほどの魔力を秘めたドローン/アンビエントなのだ。すべてが極めてシンプル(ミニマル=極少)で、なかには録音自体が5年以上前にものだったりする音源もあるのだが、STAY HOMEにくたびれた精神に心地良い芳香を吹き込んでくれる。なかでも増村和彦が参加している『Like A Water, Like A Song』は、あたかもクラスター&イーノの領域にまで届きそうな、いわば夜明け前のひんやりとした広がりを見せている。素晴らしいです。この4作品、フィジカルでも出して欲しいなぁ。

 それから5月20日には、Okada Takuro + duenn によるアルバム『都市計画(Urban Planning)』がデジタル・リリースされている。こちらはジム・オルークのアンビエント作品『Sleep Like It's Winter』やAna Da Silva & Phewの何気に過激な『Island』を出している〈Newhere Music〉から。近々レヴューを掲載予定です。

 そして岡田拓郎の待望のポップ・アルバム『Morning Sun』。歌モノとしては『ノスタルジア』以来の3年ぶりの2枚目。すでに配信リリースされているこのポップ・アルバムに彼の実験的なアンビエントが無関係であるはずがなく、自らのサウンドで押し広げた静寂のなかで彼のあらたなメランコリック・スタイルは築かれている。それは人影まばらないまの街にじつによく響いている。そう、まさに岡田にはじまり岡田に終わる──いくつもの岡田作品、ぜひ聴いて欲しい。

TWEET

uma0002Takuro Okada ──岡田にはじまり岡田に終わる、アンビエントからポップスまで精力的にリリース | ele-king https://t.co/uXKEMyZ45u @___ele_king___さんから@uma0002 05.22 02:28

NEWS