ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 編集部より ──いまアメリカで起きている抗議デモについて (news)
  2. Okada Takuro + duenn - 都市計画(Urban Planing) (review)
  3. Primitive World - The Revolt Of Aphrodite (review)
  4. interview with Sonic Boom サイケデリック・ロックの重鎮が30年ぶりのソロについて語る (interviews)
  5. スチャダラパー - シン・スチャダラ大作戦 (review)
  6. interview with Darkstar 失われたレイヴに代わるもの (interviews)
  7. The Soft Pink Truth ──マトモスの片割れ、ドリュー・ダニエルによるザ・ソフト・ピンク・トゥルースがクラストコアのカヴァー集をリリース (news)
  8. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  9. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  10. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  11. Wire - Mind Hive (review)
  12. Ralph ──東京の気鋭のラッパーが新曲を発表、プロデュースは Double Clapperz (news)
  13. Various Artists - Gilles Peterson Presents MV4 (Live from Maida Vale) (review)
  14. Walls - Coracle (review)
  15. Play For SCOOL ──三鷹のスペース SCOOL を救済するためのコンピがリリース (news)
  16. Sleaford Mods ──ベスト盤がUKトップ・チャート入りのスリーフォード・モッズの新MVが面白い (news)
  17. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  18. interview with Okada Takuro 眠れぬ夜のために (interviews)
  19. R.I.P. Little Richard (news)
  20. チクチクビー、チクチクビー 第2回 戦争から帰ってこなかった中原昌也 (columns)

Home >  News > David Byrne - ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察

David Byrne

──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察

Apr 03,2020 UP

 昨日の沢井陽子さんの投稿にあった、ディヴィッド・バーンの彼が主宰するサイトに掲載したエッセー。とても思慮ぶかく、考えさえられることが書かれているので、沢井さんが試訳してくれました。この週末じっくり読んで下さい。彼の言葉を噛み砕いて共有することは、いまとても重要なことのように思います。


世界は変わっている──だから私たちも

パンデミックは、私たちの生活が交わる、多くの方法を明らかにしています。
これは私たちに何ができるのかを再考する機会でしょうか?

ディヴィッド・バーン
3/28/2020

 今日、長い時間自転車で走った。家から出て、頭を冷やしたかったからだ。太陽は照っていて、水仙の花が川岸の自転車道に沿って出てきてた。ハナミズキの木は花が咲いていて、そのとき自分自身に問いかけた「イエス、人生は続いている」

 たくさんの人がこの状況を乗り越えようとしている、と思うのは、陳腐で自分勝手かもしれない。でも、生活の基本的なリズムを維持することは人に回復力の感覚を与えることことができる。

 自分に問いかけた、ここから何か学ぶことはあるのか、次の危機をよりよく乗り切る準備をする何か? 自分たちを強くするかもしれない違う生き方? これは私たちの考えや振る舞いを変える機会なのか? どうすればそれができるか、それを行うことができるか?

 皮肉なもので、パンデミックが私たちを別々の隅に追いやったことで、私たち全員がどれほど複雑に接続されているかを示している。私たちの生活がほとんど気づかずに交差しているという多くの方法を明らかにしている。そのつながりや互いの距離を放棄しようとすると、私たちの存在がいかに希薄になるかを示している。ヘルスケア、住まい、人種、不平等、気候──我々はみんな同じ沈みかけている船に乗っている。

 ウイルスに国境など関係ない。彼らはいくらスクリーニングをしても旅行制限をしても入ってくる。少ないかもしれないが、少しは入り込む。ワクチンができるまで誰も免疫がない。つまり、我々が持つ疑惑や他人への敵意などはわきに置いておいて、被害をどの程度制限、停止できるかを見極める必要がある。

 賢い分析と取り組みがその方法を発見する事を願っているが、すでに問題を解決するのに成功した例を見てみよう。韓国、台湾、シンガポールなどの国では、良い仕事をしている。子供は学校に行き、人びとは仕事に行き、カフェやレストランは人でいっぱいである。多くのヨーロッパ諸国では政府は人びとにまだ収入があることを確認している最中だが、幸いにも、これらの人びとの世界と経済は通常に戻っている。やや新しい通常に。

 彼らの成功から学べることは? ひとつはこれらの国はすぐに行動した。彼らはウイルスが現れたときから、できるだけ多くの人びとに、症状が出なかった人にまでテストをはじめた。誰かが陽性を示した場合、彼らは隔離され、GPSと電話のデータを使用して、最近物理的に接触した人びとを見つけ、隔離された。他の人びとは、公共の場に入る前に必須の体温チェックなどのスクリーニングを提出しながら生活を送っていた。

 これらの場所ではときとして封鎖(ロックダウン)や町全体の検疫が行われたが、それほど長くなかった。最初のコロナヴァイラスの死者が出たイタリアの都市ヴォーでは、驚くべきことをした。『ガーディアン』紙によると、都市にいる全員がテストされ、89人が陽性で、その後9日間、街全体が封鎖され、何度もテストが繰り返された。そして6人が陽性を示し、彼らは引き続き孤立したままだったが、他の人は普通の生活に戻った。仕事場は再オープンし、子供は学校に戻った。生活は戻り、人びとはお金を払えるようになった。

 ヴォーの政策はうまくいったが、そこには代償があった。ウイルスが含まれていると思われるすべての場所で自由が制限されていた。当局は、監視カメラと連絡先追跡チームを使用して、感染した最近の連絡先を特定している。台湾、韓国、シンガポール、ヴォーのような場所では、人びとは政府と情報を共有し、個人的な犠牲を払い、より大きな利益のために、必要なことをする意欲を示している。

 感染の拡大を阻止するためにとられた措置が、侵入的であると思う人もいるだろう。しかし彼らが導き出した結果──それが自由で、健康で安全な仕事で、自分の人生に戻ることができること──それが国家安全保障である。彼らができるなら、なぜ私たちはできないのか、私たちの考え方にどのような変化をもたらすのか?

もはや何も正常(ノーマル)ではない。

 自由にはさまざまな種類がある。私のようにあなたが家のなかで立ち往生しているときは、自由ではない、それはたしかだ。解雇された場合も完全に自由ではない。自分自身を含むすべての人の健康、安全、経済的安全と幸福を向上させるために、個人としての権利と自由をどれだけ放棄するか? 我々はバケツに入ったカニなのか、それともコミュニティなのか。

 私たちは以前にも行動を変えたことがある。19世紀なかばのことである。イグナズ・ゼンメルワイスが患者に関わる前に手を洗う医師は命を救うことができると言ったとき笑われた。彼の死後、ルイ・パスツールやジョセフ・リスターのような他の細菌理論家は、彼がどれほど正確であるかを証明し、その手順が採用された。医師と私たち全員が強制することなく、喜んでこの変更を行い社会的規範となった。

 いま起こっていることは、私たちの行動を変えることを学ぶ機会だ。私たちにとって集団財の価値に対する信念はここ数十年で侵食されてきたが、緊急事態は、急速に変化する可能性がある。大恐慌の間、国民を保護するための新しい政策が導入され、社会を安定させ、人生を軌道に戻すために必要であることが認められた。

 緊急時には市民は突然協力することができ、変化が起こる可能性がある。気候変動の影響が大きくなるにつれて私たちは協力し、取り組む必要がある。資本主義が何らかの形で生き残るためには、私たちがもう少し社会主義者でなければならない。これは、私たちが物事を違って見るいい機会でもある。私たち全員が本当につながっていることを確認し、それに応じて行動を調整するために。

 これを実行してもいいですか? この瞬間は、私たち全員がどれほど真に相互依存しているかを見る機会でしょうか? 私たちがいま住んでいる世界とは異なる、より良い世界に住むために。 症状が出ないすべての人をテストするにはまだ遠すぎるかもしれないが、考え方を、隣人の見方を変えることで、他の地球規模の危機に対処するために必要な集団行動の基礎を築くことができる。私たち全員が、どのようにつながっているかを見るときが来たのだろう。

-

 ※ちなみに、コロナ時代における庶民コミュニティの自発的でポジティヴな事例に関しては、『ガーディアン』のこの記事が参考になります


 ※(追記)金曜日の上げたディヴィッド・バーンの考察に対して、イタリアのローマに住むパオロ・パリージ氏から編集部に投書がありました。以下、彼のメールを要約して掲載します。

>基本的にぼくはバーンに同意できます。が、イタリアの街ヴォーに関する記述は事実ではありません。バーンはヴォーでは「仕事場が再開し、子供は学校に戻り、人びとは(請求書に対して)お金を払えるようになった」と書いています。これは事実ではありません。いまもヴォーそしてイタリアのほかの街のすべての学校も大学も仕事場も閉鎖しています。子どもは家で勉強し、多くの人は(請求書に対して)支払いができないでいます。いまだ労働市場は困難な状況にあるからです。政府はいま労働者階級の援助のため、毎月の緊急給付金を計画しています。これが真実です。
>たしかにイタリアの医療体制はヴォーの人びとすべてをテストしました。ウイルスの広がりを知る点においては効果的な実験でした。(バーンが参考にした)『ガーディアン』の記事は、ヴォーにおける実験方法そしてそれによる回復およびこのテストが世界に提供するパンデミックへの対策についてレポートしています。しかし、現実は、いまだ市民は監禁状態にあるということです。

以上です。
また、編集部としては、パオロ氏の指摘とは別に、政府にまかせっきりにした場合の悪いケースも例に出しておかなければなりません。それはハンガリーの現状です
いみじくもリチャード・D・ジェイムスが警鐘を鳴らした、コロナを機とするいわば独裁型政権の強化と言えるでしょう。

TWEET

tomonori_otDavid Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/9kTWBaxHZe @___ele_king___より@tomonori_ot 04.3 21:27

taizo_nowDavid Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/m34y7W53wA @___ele_king___より@taizo_now 04.4 10:34

vc_foxDavid Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/okxpTVioaX@vc_fox 04.4 17:37

violentgreen69David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/1wcz8vOzvP @___ele_king___より@violentgreen69 04.5 07:06

hooloovoo27あぁ、バーンさんらしい……。David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/sxRWgRA3by @___ele_king___から@hooloovoo27 04.5 11:25

bandeapart72David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/ffJ2pr9jMF @___ele_king___から@bandeapart72 04.21 21:59

kodkod2016yRT @bandeapart72: David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king https://t.co/ffJ2pr9jMF @___ele_king___から@kodkod2016y 04.21 22:07

makisi1elekingこんな記事も載せるんだね。リチャード・D・ジェイムスの警句を忘れない様にしないと。David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | ele-king… https://t.co/IYOVJFPLjI@makisi1 04.22 00:51

bandeapart72"資本主義が何らかの形で生き残るためには、私たちがもう少し社会主義者でなければならない。これは、私たちが物事を違って見るいい機会でもある。"David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの… https://t.co/6gztfkvY8i@bandeapart72 05.16 19:43

momocat1010RT @bandeapart72: "資本主義が何らかの形で生き残るためには、私たちがもう少し社会主義者でなければならない。これは、私たちが物事を違って見るいい機会でもある。"David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | e…@momocat1010 05.16 20:07

iamswimmyRT @bandeapart72: "資本主義が何らかの形で生き残るためには、私たちがもう少し社会主義者でなければならない。これは、私たちが物事を違って見るいい機会でもある。"David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 | e…@iamswimmy 05.16 20:16

NEWS