ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Tohji - angel (review)
  2. Philip Bailey - Love Will Find A Way (review)
  3. Undefined ──注目のダブ・ユニットがUSの〈ZamZam Sounds〉から初のリリース (news)
  4. Zonal ──これは注目! JKフレッシュ、ザ・バグ、ムーア・マザーによる驚きのコラボ作がリリース (news)
  5. Kali Malone - The Sacrificial Code (review)
  6. Haruomi Hosono ──細野晴臣のドキュメンタリー映画が公開 (news)
  7. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第8回 電車の中で寝転がる人、ボルタンスキーの神話 ――2019年8月11日に見たものの全て (columns)
  8. Inoyama Land & Masahiro Sugaya ──イノヤマランドと菅谷昌弘の編集盤が、スペンサー・ドーランのレーベルからリリース (news)
  9. FEBB ──ファースト・アルバム『THE SEASON』のデラックス盤がリリース (news)
  10. Columns 万華鏡のような真夏の夜の夢 ──風車(かじまやー)の便り 戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)音楽祭2019 (columns)
  11. Eartheater ──アースイーターが新たにレーベルを始動、新曲を公開 (news)
  12. Calexico / Iron & Wine - Years To Burn (review)
  13. Battles ──バトルスが新作を引っさげ来日 (news)
  14. interview with Yutaka Hirose よみがえる1986年の環境音楽 (interviews)
  15. New Order ──すでに話題のニュー・オーダー来日情報 (news)
  16. Solange - When I Get Home (review)
  17. Ninjoi. - Masayume (review)
  18. Laura Cannell - The Sky Untuned / Laura Cannell, Polly Wright - Sing As The Crow Flies (review)
  19. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  20. Tunes Of Negation ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい! (news)

Home >  News > THE STALIN - ──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

THE STALIN

THE STALIN

──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

Apr 25,2019 UP

 日本のパンク・ロックにおいて、ラディカルであることを追求したザ・スターリンがもっとも過激な異分子としてシーンをはげしく揺さぶったのは、1980年前後だった。1981年に7インチシングルとしてリリースされた「スターリニズム」はまさにその燃え上がる時代の産物で、1987年にリリースされたコンピレーション『スターリニズム』にも収録されている。が、しかしそれはオリジナルをかなりエフェクトした音であって、いちぶ歌詞もカットされていた。
 このたびオリジナル・マスターからの復刻により、本来の音に忠実な『スターリニズム』が『STALINISM NAKED』としてCDリリースされた。歌詞もそのまま。さらにラジオで一度だけO.Aされた。“仰げば尊し”の別ヴァージョンを追加収録し、曲順も年代順にして再編集。ジャケのイラストは宮西計三。
 なお、『STALINISM NAKED』は闘病中の遠藤ミチロウさんを支援するために緊急発売したもので、下記サイトでの売上は、全額ミチロウさんへのお見舞金としている。https://inundow.thebase.in/
 

アーティスト:THE STALIN
タイトル:STALINISM NAKED
4月20日発売
CD:WC-093
¥2000+税
JAN:4571285920933
発売元:いぬん堂


1. 電動コケシ
2. 肉
3. 豚に真珠
4. サル
5. コルホーズの玉ネギ畑
6. 猟奇ハンター
7. アーチスト
8. Chicken Farm Chicken
9. 仰げば尊し(FMフレッシュ・ウェーブ・ヴァージョン)
10. バキューム
11. 解剖室

Track 1,2 from FLEXI「電動コケシ/肉」(MIG-2501)1980
MICHIRO ENDO(Vo,B)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)
Track 3 to 7 from EP「スターリニズム」(MIG-2504)1981
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)、SHINTARO SUGIYAMA(B)
Track 8 from LP「V.A/WELCOME to 1984」(MRR-001)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、SHINTARO SUGIYAMA(B)、TAM(G)、TEIYU NAKAMURA(Ds)、JUNE-BLEED(G)
Track 9 from FM TOKYO「FM FLESH WAVE」1983.11.30 O.A
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、TERUYA OGATA(B)、JUNE-BLEED(G)
Track 10,11 from FLEXI「バキューム/解剖室」(BQS-1S)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、HIROSHI HIGO(B)、MASAYUKI ONO(G)

NEWS