ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  2. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  3. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Loski - Mad Move (review)
  6. Amgala Temple ──ジャガ・ジャジストから派生したグループ、アムガラ・テンプルが来日 (news)
  7. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  8. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  9. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  10. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  11. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  12. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  13. 主戦場 - (review)
  14. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  15. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  16. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  17. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  18. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  19. Steve Reich - Drumming (review)
  20. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)

Home >  News > Aphex Twin - ──90年代半ばのエイフェックス・ツインのライヴ音源が話題に

Aphex Twin

Aphex Twin

──90年代半ばのエイフェックス・ツインのライヴ音源が話題に

Jan 28,2019 UP

 相変わらず話題が尽きない。昨秋は原宿でポップアップ・ショップを展開し、この4月にはコーチェラへの出演が決定しているエイフェックスだが、彼が90年代半ばにニューヨークのライムライト(Limelight)というクラブでおこなったライヴの音源が発掘され、一部で大騒ぎになっている。90年代半ばのエイフェックスといえば、ダンス全盛期に大胆にもビートを排した『Selected Ambient Works Volume II』を発表し、リスナーやメディアを大いに困惑させたわけだけれど、今回の音源は全体的にレイヴィかつアシッディ、インダストリアルなセットで、ミート・ビート・マニフェストやメスカリナム・ユナイテッドのリミックス、ブラッドリー・ストライダー名義で発表した曲などに加え、LFO や L.A.M.(ドレクシアのエイリアスのひとつ)も聴くことができる。

 1ヶ月ほどまえに SoundCloud に出現したこのライヴ音源は、ニュージャージーのレコード店〈Lofidelic〉がポストしたもので、それを独『Electronic Beats』誌が報じたことで一気に注目を集めることとなった。当初の投稿者の説明によれば、1991年または1992年にソニーのポータブルDATレコーダーで録音し、そのまま25年以上放置していた音源で、最近になって友人に協力を仰ぎデジタル・コピーを作成したとのことなのだけれど、どうも記憶があやふやだったようで、現在は1993年以降の音源だろうと訂正が加えられている(じっさい、1994年のデイヴ・クラークのトラックや、翌年のキネステシアやサイロブといった〈Rephlex〉勢の曲もプレイされている)。なかには「1995年8月15日」と日付を特定しているファンもいて、仮にその某氏が正しいとすると、『...I Care Because You Do』が出て4ヵ月後のショウということになるが、はたして真相やいかに。

 なお、エイフェックスは3年前にも90年代のライヴ音源が SoundCloud にアップされ話題になっていた。

TWEET

Massive_XtremeAphex Twin ──90年代半ばのエイフェックス・ツインのライヴ音源が話題に  | エイフェックス・ツイン | ele-king https://t.co/8ROalEbug4 @___ele_king___から@Massive_Xtreme 01.30 22:46

takashiyamAphex Twin ──90年代半ばのエイフェックス・ツインのライヴ音源が話題に  | エイフェックス・ツイン | ele-king https://t.co/Rr8Ge3e7cm @___ele_king___さんから@takashiyam 02.6 01:51

YQARTMANAphex Twin ──90年代半ばのエイフェックス・ツインのライヴ音源が話題に  | エイフェックス・ツイン | ele-king https://t.co/XOeqtixRzi @___ele_king___より@YQARTMAN 04.15 12:30

NEWS