MOST READ

  1. Cornelius──11年ぶりのシングルを発表するコーネリアス (news)
  2. Kassel Jaeger & Jim O’Rourke - Wakes On Cerulean (review)
  3. Syd - Fin / Matt Martians - The Drum Chord Theory / Steve Lacy - Steve Lacy’s Demo - EP (review)
  4. !!! (Chk Chk Chk)──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  5. Basic Rhythm──ベーシック・リズムのセカンド・アルバムがリリース (news)
  6. Arto Lindsay──アート・リンゼイが新作のレコーディング・メンバーを率いて来日 (news)
  7. Kingdom - Tears In The Club (review)
  8. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  9. Ryuichi Sakamoto──坂本龍一が8年ぶりのソロ・アルバム『async』をリリース (news)
  10. 水曜日のカンパネラ - SUPERMAN (review)
  11. Kiyama Akiko──キヤマアキコのKebko Musicから初のヴァイナルがリリース (news)
  12. NHKラジオ第一の「すっぴん!」、4月3日の宮沢章夫さんの日に戸川純が生出演! (news)
  13. Shobaleader One──スクエアプッシャー率いる覆面バンドがアルバムをリリース、来日公演も決定 (news)
  14. interview with SHOBALERDER ONE音楽を破壊すべし (interviews)
  15. La Femme──フランスでいま最も注目を集めるバンド、ラ・ファムが来日 (news)
  16. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  17. special talk : Unknown Mortal Orchestra × Tempalay特別対談:アンノウン・モータル・オーケストラ×テンパレイ (interviews)
  18. interview with Keigo Oyamada - ガラパゴス、リミックス、脱原発 (interviews)
  19. CAT BOYS──高木荘太の本の刊行とカセット・リリースのニュースです (news)
  20. Thundercat - Drunk / Ronald Bruner Jr. - Triumph (review)

Home >  News > Gaika - ──新進気鋭のベース系プロデューサー、ガイカが来日

News

Gaika

Gaika

──新進気鋭のベース系プロデューサー、ガイカが来日

Mar 17,2017 UP

 こんばんは。良いお天気ですね。水カンのレヴューで盛大にディスられている小林です。どうやら僕は〈Warp〉しか聴いていないそうです。だったらもう開き直って、どんどんその道を突き進んじゃおうと思います。

 昨年レヴューを書こう書こうと思いながら、なんやかんやあってタイミングを逃してしまった作品のひとつに、ガイカ(Gaika)の「SPAGHETTO」がある(もうひとつはロレンツォ・セニ)。リアーナやドレイクといったメジャー勢をはじめ、ダンス/クラブ系で圧倒的な存在感を放ったイキノックスなど、2016年の音楽シーンを特徴づける潮流のひとつにダンスホールがあったわけだけれど、ガイカの「SPAGHETTO」はまさにそのトレンドを踏まえた12インチで、「いつも少し遅いがポイントははずさない」という〈Warp〉の流儀が見事に詰め込まれた1枚だった(ジャム・シティも参加)。
 ガイカはヒップホップやダンスホールから影響を受けたブリクストンのプロデューサー/ヴォーカリストで、マーケイジ(Murkage)というグループの一員でもある。これまでにケレラやダークスターの作品に客演したり、ミッキー・ブランコやディーン・ブラントとコラボしたりしながら、すでに2本のミックステープを発表している。そんな期待の新人が、来る4月に初の来日を果たす。会場はCIRCUS TOKYO(4月8日)とCIRCUS OSAKA(4月9日)。ロレンツォ・セニとともに今後の〈Warp〉の方向性を占うアーティストである彼のパフォーマンスを、こんなにはやくチェックできる機会に恵まれるとは。

 僕は行きますよ。悪いけど、いまはJ-POPに割いている時間なんてないんでね(でも宇多田は好き)。というか、ナンセンスは結局「ナンセンス」というセンスを持ってしまうんですよ。わかります?

NEWS