ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)
  2. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  3. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  4. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  5. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  6. Random Access N.Y. vol.84:最後はコーネリアスの“スター・フルーツ・サーフ・ライダー” (columns)
  7. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  8. David Sylvian ──デイヴィッド・シルヴィアン『Sleepwalkers』がCD&LPでリイシュー (news)
  9. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  10. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  11. Squarepusher ──長らく延期になっていたスクエアプッシャーの来日公演がついに決定、真鍋大度に加えハドソン・モホークも参加 (news)
  12. METAFIVE ──ラスト・アルバム『METAATEM』をリリース (news)
  13. Ebi Soda - Honk If You're Sad (review)
  14. interview with Squarepusher スクエアプッシャー、原点を語る (interviews)
  15. black midi - Hellfire (review)
  16. interview with HASE-T 人生が変わるような音楽 (interviews)
  17. Matmos - Regards/Ukłony dla Bogusław Schaeffer (review)
  18. Brian Eno - The Ship (review)
  19. Brian Eno ──ブライアン・イーノのニュー・アルバムがリリース、ひさびさのヴォーカル作品 (news)
  20. Stick In The Wheel - Perspectives on Tradition (review)

Home >  Columns > R.I.P. DJ Rashad

Columns

R.I.P. DJ Rashad

R.I.P. DJ Rashad

Apr 28,2014 UP

 シカゴのジューク/フットワーク──更新されるゲットー・ハウス──のプロデューサー、Rashad Harden=DJラシャドが去る4月26日、シカゴのウエストサイドにて死体で発見されたという。

 DJラシャドは、シーンの勢いを象徴するようなひとりだった。彼は、2013年の春、まったく素晴らしい12インチ2枚組の「Rollin」を発表、秋にはジュークとベース・ミュージックとヒップホップとを結びつけるような野心作『Double Cup』もリリースしている。今年に入ってからは初来日もしているし、ちょうど彼の新しいシングル「We On 1」のリリースも控えていたところだった。
 あまりにも早すぎる死に、どうにも感情がついていかないが、ジューク/フットワークという、もっともフレッシュで、もっともエネルギッシュなダンス・シーンにおいて、DJラシャドの作る鮮烈な作品は、ひとつのシーンを越えて、より広く愛されていた。これからが期待されていた人なだけに本当に残念でならない。多くの人が彼をリスペクトしているし、彼の音楽をもっと聴きたかっただろう。(野田努)
 


COLUMNS